『作業効率について〈音楽編〉』

 


工場見学に来られるお客様から
”あ!クラシックが流れてるなんていーですね。”
なんて言われます。
いつ頃なぜだかわかりませんが、工場の1Fと2FにUSENが入ってます。
本格的に毎日使い出したのは、ここ10年?位になります。

withmusic

どんなBGMがいいのか?
音楽の好みは、人それぞれ。
社内には、男性・女性・年代も様々・・・。
満了一致で、どのジャンルにするかなんて決められません。

例えば
ラジオなどトーク話を聞きいっちゃったり、
音楽にノッちゃって、歌っちゃったり、感情入って涙ぐんじゃったりするのも
作業効率は上がりません。

ですがスタッフは
日々、気の抜けない作業の連続の上に納期との戦い!
作業効率の前に、続く作業に対しての疲労軽減が一番です。
なので
”音楽における疲労軽減”という研究や
”無音により何か音楽を流した方がより疲れにくい”というデータに基づき
ミディアムテンポのクラシックを流しております。
また、クラシックは、演劇、舞台、CMなどの仕様頻度も多いので
聞き慣れるという意味では観劇をした場合、親しみ易さもUPします。

いつだったか
・・・強力なやる気スイッチが入るかもしれない!?と
実験的に【ハワイアン】というチャンネルにしてみた事があります。
音楽ってすごいですね。
ここは・・・広がる青い空!白い雲!続くコバルトブルーの海!
心地よい風が吹き、ココナッツの香りが〜と
一気に妄想リゾート地になりました。
私のやる気スイッチは、入るどころかなんとも言えないモヤモヤ感が。
まだまだ修行が足りません。

引き続き、音楽の力も借りて頑張ります!